シャネル バッグ艶出し

この精神病院を舞台に描かれるこの作品は、明らかに、国民を冷たく監視する当時の国家に対する反抗映画なのである山肌をバックにしたタイトル、明らかにアメリカ原住民の旋律のようなメインテーマが流れる。そして、山の中にそびえる病院に、一人の男マクマーフィーがやってくるところから映画が始まるラチェットの独裁体制の中で日々を過ごす患者たちの中に投げ込まれた不穏分子マクマーフィーは、何の反抗もしない患者たちを焚き付け、自分の意志を目覚めさせ、次第にラチェットと対立していく。 もう勘弁してください…と頭を抱えながら観ました。ここか、と見当つけてるところとは別の角度からぶっ飛んでくるミヒャエル・ハネケの魔球。途中までそのことに気づかず、この俳優ちょっとプルシェンコに似てるかも、なんてぼんやりしていてえらい目に合いましたよ。. シャネル 新作 マトラッセ